美容外科

診療案内

にきびの治療

にきびはまず抗生剤の内服や外用、あるいは漢方などの保険内診療から開始いたします。
これらの治療でどうしても改善しない方や他院での治療で充分な効果が出ない方には以下のような保険外の治療をご案内いたします。
ph_dermatology_02

1.ケミカルピーリング

薬剤を塗って角質層を落とし(ピール)皮膚の再生を促すことで様々な効果を得る方法です。
当院での保険外ニキビ治療の第一選択となっています。
薬(酸)をお顔などニキビの部分に塗って脂をたまりにくくし、ニキビの跡や赤や茶色の改善を促します。
ほとんど痛みはなく、お化粧して帰っていただけます。

ミックスピール:
乳酸を主体にグリコール酸・サリチル酸を加え、3種の薬剤が混合配合された2017年9月に新しく導入されたピーリング剤です。ニキビの改善以外にも、ニキビ跡の色素沈着や凹凸・シミやくすみ・毛穴の開きや角栓・小じわやハリのなさなどの改善に効果が高いです。
通常、3~4週間に1回で4~5回で1クールの治療をお勧めしますが、1回の治療でも肌の変化を実感される方も非常に多い治療です。
ピーリング後、2~3日は肌がカサカサすることがありますが、その後の肌は新しく生まれ変わったようにつるつる・ぷるぷるの肌になると評判です。

レチノールピール:
ビタミンAの一種であるレチノールを肌に塗布させてピーリング効果を得る方法です。これまでのピーリングは日本人向けに比較的マイルドな方法でした。皮がむけるほど強いピーリングは白人の方には適していますが、日本人には色素沈着などの合併症が現れることがありました。
レチノールピーリングは施術後3~5日目に少々皮がむける反応が見られます。その分1週間ほどで張りとつやのある皮膚が感じ取れます。施術中やその後に痛みなどなく色素沈着なども起こりません。施術自体は20分程度で終了します。1か月1回程度の処置をお勧めします。

ケミカルピーリング後の肌は古い角質層がはがれることにより、美容成分が浸透しやすい状態となります。ピーリング後の肌にビタミンCやビタミンAの超音波イオン導入を行っていただくと更に肌質改善に効果的です。

2.Vビーム

ph_dermatology_03

赤あざ用のレーザーです。
赤くなっている部分を主体に照射します。
熱作用によるアクネ菌の抑制と抗炎症作用があると思われます。
症状の改善が主なのでピーリングなどと組み合わせてうのが効果的です。
黒くなったり腫れたりすることのないパワーで治療します。

ページの先頭へ戻る