渡辺皮膚科・形成外科クリニック|長野県上田市の形成外科・皮膚科・美容診療 あから顔の治療 – 渡辺皮膚科・形成外科クリニック
ロゴ
COSMETIC EXAMINATION

あから顔の治療

あから顔の治療について説明しております。

あから顔の治療
Vビーム

血管病変(血管腫や静脈瘤など)に対する専門的なレーザーです。
血管にレーザーをあてて熱変性を起こして赤みを消す機械です。
前世代の機械に比べいろいろな調整ができるので、施術後に色が付いたりせず他人にわからないように改善することが可能です。
(以前の機械は打ったところが必ず紫色になりました。これは消退するのに2週間がかかりました) 2ヶ月ごとに3~4回は行う必要があります。

BBL

血管に効果のある波長を持つハンドピースを使用します。
効果はVビームに及びませんが肌に張りを出すなど美肌効果はこちらの方が強いようです。
通常はしみ用のハンドピースも合わせて照射するようにしています。
1ヶ月に1回で、5回程度の治療をお勧めいたします。シミにも反応するため、数日の痂皮形成や若干の腫脹がみられる場合があります。

ジェネシス

Nd:YAGレーザーであるジェネシスを用いて治療を行います。
このレーザー光は血管の赤みに吸収されやすい特性をもち、皮ふ内への深達性に優れています。
ほかの方法に比べ痛みが殆どないのが良い点ですが、効果が出るのに2~4週ごとに5回以上の治療を要します。

美容診療ページに戻る