美容外科

診療案内

シミの治療

シミといってもいくつかの種類があり、すべて同じ方法で解決するわけではありません。また時に外科的治療を要するような腫瘍が混在していることもあります。当院では保険外診療として以下のような方法を用いております。

1.メソアクティス

mesoakuthis

注射器を用いるプチ整形に匹敵する効果!!
今まで注射でしか成分を浸透させることが不可能と言われていた、ヒアルロン酸や、COQ10など様々な美容有効成分を、お肌にダメージを与えることなく無痛で導入できます。肌の状態にもよりますが、月に1〜2回定期的に行うことで、より効果を増していきます。もちろん1回でも透明感やモチモチ感が出て、その後の化粧品の浸透の良さが実感できます。
meso

2.ルビーレーザー

q_switchrubylaser

レーザー光によりメラニンを破壊する治療法です。傷跡になることはほとんどなく、1回の治療で結果が得られることが多いのですが、1週間ほどかさぶたになることとその後の色素沈着が収まるのに3~4ヶ月を要することが欠点です。外用の併用療法は必須で、時には内服の治療も行っていただきます。ある程度の大きさの斑状のしみによい適応です。

3.BBL

bbl

IPL(インテンシブパルスライト)治療のひとつです。レーザーと異なりシミだけでなく赤みを改善したり肌に張りをだすなど複数の効果を持つ光を照射します。1回当たり顔全体を治療しますのでそばかすや顔中に細かいシミのある方に最適です。しかし1回あたりの効果はレーザーに遠く及ばないため月に一度で5回の治療を行います。かさぶたにならないため徐々にきれいになります。これでとりきれないものだけ後日レーザー治療を行うのが一般的です。

4.ハイドロキノン+レチノイン酸外用

塗り薬でシミを薄くする方法です。通院回数もすくなくかさぶたになったりしないことが利点です。ですが、治療効果がどれくらいで出るか不明であることと時折かぶれることがあるので、上記のレーザーやメディラックスの補助療法としての使い方が多いようです。肝斑には内服+ハイドロキノン外用をお勧めします

5.肝斑治療レーザートーニング

q_switchyaglazor

これまでレーザー治療が禁忌とされていた肝斑の治療に関して、近年Qスイッチヤグレーザーを低出力で繰り返し行うことで改善がみられることが明らかになってきました。
内服(自費になります)とイオン導入を併用で2週間前後ごとに4〜5回程度行っていただきます。この方法を「レーザートーニング」と言います。特に強い痛みはなく、痂皮や腫れなどもおこりません。一般的には内服治療で改善がみられなかった場合にお勧めしています。あまり間を開けてしまうと効果が薄くなってしまうようです。

ページの先頭へ戻る