美容外科

診療案内

毛穴治療

毛穴が目立つのはいくつかの原因があります。たるみによる毛穴の変形・産毛の濃い方・角栓による黒ずみなどが考えられます。原因の判断は難しく当初から1つの方法で満足いく結果が得られるとは限りませんので、組み合わせて治療するか、効果が少ない場合は別の方法を試してみるのも良いでしょう。

1.ハイドラフェイシャル

highdorafacial

長らくご愛顧いただいたクリスタルピーリングは機器の故障により中止いたしました。その代替機器として「ハイドラフェイシャル」を 新たに導入しました。専用のチップとピーリング溶剤により皮膚表面をクレンジングしていく機械です。特にダウンタイムなどはありません。溶剤で汚れを浮かせ摩擦により取り除くといった毛穴治療では理想的な治療法で、アメリカ:ハリウッドでは人気の施術となっています。

2.ケミカルピーリング

薬(酸)を塗布することで皮膚表面と角栓を溶かして毛穴を改善する方法です できればサリチル酸のピーリングを行っていただく方が効果的だと思われます。痛みやほかの合併症はほとんどありません。

3.BBL

bbl

肌を引き締め脱毛ができる光線を照射することで毛を生えにくくして毛穴を引き締めます。このため角栓が原因のものより産毛の濃い方やたるみによる毛穴に効果が強いようです。1~2ヶ月ごとに5回程度行っていただきます。かさぶたになるようなことはありません。

4.レーザーピーリング(ジェネシス)

zeo

Nd:YAGレーザーであるジェネシスを用いて毛穴の治療を行います。メラニンに吸収されるため毛根を引き締めると同時に、皮ふの内部に熱エネルギーを伝達して肌を引き締め毛穴を縮める効果を持っています。2~4週ごとに治療を行います。

5.チタンカーボンピーリング

毛穴を強力に縮小するために、酸化チタン+カーボンのペーストを塗布してそこにYAGレーザーを照射、チタンカーボンに熱を生じさせてそのエネルギーで効果をだす治療法です。行ったあと3日程度赤みがでたりわずかに痂皮を形成する可能性があります。前処置としてハイドラフェイシャルで毛穴をクレンジングしてから行います。鼻から頬にかけてのいわゆる毛穴ゾーンの治療に有効です。

6.パール(ジェネシス)

pearl

YSGGから発せられるレーザーにより皮ふ表面を削り取る最新の治療法です。色素沈着しやすい日本人でも安全に皮ふの再生ができるようになりました。効果は強く1~2ヶ月のインターバルで2回行うことにより毛穴の改善を行います。効果的な分、1週間ほど発赤→痂皮形成といったダウンタイムが必要になります。
pearBA

ページの先頭へ戻る