美容外科

診療案内

にきび跡の治療

にきび跡は赤や茶色などの色による跡と瘢痕をつくりへこんでしまった陥凹性のあとの2つがあります。色に比べて陥凹は皮ふの深いところへのダメージを伴っているため、短時間・少ない回数では治療効果が出ないのが現状です。

1.ケミカルピーリング

薬を塗布することで皮ふ角質層を落とし再生を促す方法でこれにより色の付いた皮膚を改善、陥凹を徐々に良くしていく方法です。効果の強いサリチル酸のピーリングがお勧めです。痛みや合併症を起こすことは殆どありません。サリチル酸ピーリングでは1か月に1度行います。

2.ハイドラフェイシャル

highdorafacial

長らくご愛顧いただいたクリスタルピーリングは機器の故障により中止いたしました。その代替機器として「ハイドラフェイシャル」を 新たに導入しました。専用のチップとピーリング溶剤により皮膚表面をクレンジングしていく機械です。特にダウンタイムなどはありません。溶剤で汚れを浮かせ摩擦により取り除くといった毛穴治療では理想的な治療法で、アメリカ:ハリウッドでは人気の施術となっています。またオプションでダイヤモンドピールによるニキビ跡治療、あるいはペプチド・コラーゲン導入でしわや張りの改善などにも対応しています。

3.Vビーム.

v_beam

赤あざ用のレーザーです。 赤くなっている部分を主体に照射します。 熱作用によるアクネ菌の抑制と抗炎症作用があると思われます。 症状の改善が主なのでピーリングなどと組み合わせてうのが効果的です。 黒くなったり腫れたりすることのないパワーで治療します。

4.アイソレイズ

IPL機器のひとつで、吸引をかけながら光を照射することで肌状態の改善やにきびの治療に用います。SR (Skin Rejuvenation)チップをかなり強めにかけることで色だけでなく凹凸の改善が見込めます。時には表面麻酔を併用する場合があります。

5.レチノイン酸

ピーリングと同様に皮ふの入れ替わりを促し、新しい皮膚を誘導させるような作用があります。小じわを改善すると同様陥凹した部分の改善が見込まれます。ビタミンAの1種で、ときどき赤みを誘発したり使用初期に皮が剥けるなどの症状を起こすことがあります。数ヶ月間持続して使用する必要があります。

6.パール&パールフラクショナル

pearl

最近の主流として、凹凸のあるにきびあとにはフラクショナルレーザーを用いるのが一般的になっています。フラクショナルレーザーとは病変部を「断片的に」治療することでよい効果を少ないダウンタイムで得ようをする機器です。フラクショナルレーザーは炭酸ガスレーザーを主に各種のものが世に出ていますが、当院ではキュテラ社の「パール」&「パールフラクショナル」を導入いたしました。この器械は皮ふの蒸散(飛ばす)作用と凝固(固める)作用のバランスに優れています。「パール」は広く面状に皮ふを削る(リサーフェーシング)治療をし、「パールフラクショナル」は200μm径の小孔をあけることで病変部を減量したり目だたなくする作用を有します。 1週間前後の赤み→痂皮形成といったダウンタイムが必要で、皮ふの状態によりますが1~2ヶ月のインターバルで数回の治療が必要です。

7.EGF導入

EGF(=表皮成長因子)を皮ふ内に導入することで皮ふ再生を促し痛んだ状態を改善させる方法です。陰圧を利用して成分を浸透させます。単独で行うよりハイドラフェイシャル、アイソレイズ、パールなどに組み合わせて治療していただくのが効果的です。

ページの先頭へ戻る