美容外科

診療案内

にきびの治療

にきびはまず抗生剤の内服や外用、あるいは漢方などの保険内診療から開始いたします。
これらの治療でどうしても改善しない方や他院での治療で充分な効果が出ない方には以下のような保険外の治療をご案内いたします。
ph_dermatology_02

1.ケミカルピーリング

薬剤を塗って角質層を落とし(ピールする)皮膚の再生を促すことで様々な効果を得る方法です。
当院での保険外にきび治療の第一選択となっています。
薬(酸)をお顔などにきびの部分に塗って脂をたまりにくくし、にきびの跡の赤や茶色の改善を促します。殆ど痛みはなくお化粧してお帰りいただけます。

薬の強度により2種類の使い分けを行っています。
グリコール酸:
一般に広く普及するピーリング剤で主たる目的はにきびの改善です。
通常2~3週間おきに5~6回の通院が1クールです。

サリチル酸:
グリコール酸にくらべてやや強めにピーリングします。
このためにきびだけでなくにきび跡や毛穴の縮小、シミの改善まで効果が期待できます。
治療は1ヶ月に1回で4~5回が1クールですが、グリコール酸に比して若干コストがかかるのが欠点です。
なお、ピーリングと同時にビタミンCイオン導入を行うことをお勧めしています。
ビタミンCは抗炎症作用(赤みを抑える)や美白効果を持ちますが基本的には吸収の悪いものです。
これを電気的に皮膚内に押しこんでやります。一皮ピールされているので吸収率も上がります。

2.アイソレイズ

下記のBBL同様にアクネ菌を抑える光を照射しますがこのとき皮ふに対して吸引をかけます。これにより皮ふのクレンジングを行えて不要な油分が除去されます。また、光の深達性が増し皮膚表面の冷却効果が出て熱傷を防ぎます。時に吸引痕が出る場合があるのですが数日から7日程度で消退します。また、アイソレイズはにきびあとにも効果のある波長をだせる機器です。(治療費は変更されます)オプションとしてEGF(表皮成長因子)を皮ふに浸透させる治療も付属させることができ、皮膚の治癒速度を速めることができます。

3.BBL

ph_dermatology_02

アクネ菌を抑える効果のある光を顔全部に照射します。
これはシミ用のものとはハンドピースが異なります。
1ヶ月に1回照射して徐々ににきびをできにくくしていきます。 ほかの方法と組み合わせることも可能です。

4.Vビーム

ph_dermatology_03

赤あざ用のレーザーです。
赤くなっている部分を主体に照射します。
熱作用によるアクネ菌の抑制と抗炎症作用があると思われます。
症状の改善が主なのでピーリングなどと組み合わせてうのが効果的です。
黒くなったり腫れたりすることのないパワーで治療します。

5.外用療法

近年、ビタミンAの一種であるアダパレンがディフィリンという名称で保険適応となりました。当院でも多数の患者様がこの外用で改善しております。一方、にきびに効果的な外用抗菌剤は新規なものはなく、国内では耐性化が進んでいる(効きにくくなっている)といわれています。感染が収まらない方にはFDA承認薬である抗菌剤:過酸化ベンゾイル「ベンザダーム」をお勧めしています。過酸化ベンゾイルは耐性化しにくいといわれておりますが日本では保険の適応にはなっていません。

ページの先頭へ戻る